head_img_slim

更年期障害の改善方法について

更年期障害は、閉経に伴う女性ホルモンの減少が原因で、自律神経の働きが乱れて様々な体の不調が見られるようになります。

ホットフラッシュやのぼせ、発汗などが見られるようになったり、頭痛や肩こり、不眠などの症状も見られます。

更年期障害は個人差があり、軽い程度の人もあれば、家事や育児、仕事などに影響が出る人も大勢おられます。

更年期障害の改善法を知っておきたい人が多いですが、辛い症状で悩んでいる人は産婦人科や専門クリニックに足を運んでみると良いでしょう。

主な治療法は、薬物療法や心理療法などがありますが、抑うつや不眠などが見られる場合は、抗うつ剤や睡眠導入剤などを処方される場合があります。

更年期の年代の女性は、仕事や育児で多忙な人が多いですし、配偶者が昇進したり、転職をしたり、両親の介護などが必要になるため、精神的なストレスが溜まりやすく、心身共に疲労を感じている人がほとんどです。

普段の生活では、家族が同居している場合や家事を手伝ってもらったり、十分な休息や睡眠を心掛ける必要があります。

手足は冷えているのに、顔にほてりを感じることが多い場合は、専門クリニックに通院をすると、内服薬や漢方薬などを処方される場合があります。

更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が低下すると起こりやすいので、専門クリニックではホルモン補充療法による治療が受けられます。

ホルモン補充療法は、不足している女性ホルモンを補う治療法ですが、エストロゲンだけでなく、黄体ホルモンも併用しながら治療を行います。

女性ホルモンを補うことで、更年期の辛い症状を緩和するだけでなく、骨粗鬆症などの病気を予防する働きがあります。

女性は40代、50代に入ると、肌の衰えを感じている人が多いですが、ホルモン補充療法の治療を受けることで、お肌にハリや弾力を与える働きがあります。

多くのメリットがあるホルモン補充療法なので、辛い症状を改善したい人は治療を受けてみると良いでしょう。

精神的なストレスを感じている人は、寝付きが悪くなったり、早朝に覚醒してしまう不眠で悩んでいる人が増えています。

不眠が長く続くと、日常生活に支障をきたしてしまうので、睡眠導入剤を一時的に使用したり、心療内科などで心理療法による治療を受けてみると良いでしょう。

更年期障害はある程度の年齢になると、少しずつ改善されてきますが、改善法を知っておくと体質を改善して、体調が整ってきます。


ページトップに戻る