head_img_slim

漢方での更年期対策について

更年期とは女性のライフサイクルの一時期、閉経をはさんだ前後10年を指します。
40歳を過ぎたころから、卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少し、やがて閉経を迎えます。
この閉経を迎える前後10年を更年期と言います。
多くの女性は、40代半ば(月経異常・月経不順が続く人が多い)から、50歳前後で閉経を迎えます。
勿論、個人差はありますが、主に45歳~55歳を更年期と呼んでいます。
更年期障害は卵巣の機能が衰え、卵巣から分泌されている女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。
その結果、ホルモンバランスの乱れるのが原因の自律神経失調症の一つです。身体的にも、精神的にも不調が出ます。
人によって、その症状は様々ですが、主にほてり、のぼせ、急に汗をかく、イライラ、無気力、不安感などがあります。

更年期障害になると、病院で処方された内服薬や、注射で治療しますが、抵抗のある方も多いでしょう。
そのような場合には、漢方薬がおすすめです。西洋医学との併用、漢方薬だけの治療と、人それぞれの体質によって選択肢はいくつかあります。
その上で漢方薬について知っておくと、治療にとても役立ちます。
毎日イライラ、些細なことにも腹が立つ、そんな自分を押さえられないと言う方には「加味逍遙散」がおすすめです。血液の流れが良くなり、代謝も上がるので、身体が温まります。
それに加えてホルモンバランスを整える作用もありますので、毎日イライラする不安定な症状にもよく使われます。
突然の目眩や立ちくらみ、精神的に不安定な症状には「抑肝散加陳皮半夏」がおすすめです。神経の高ぶり、筋肉の強ばりが緩和されると言われています。
更年期障害の肉体的症状の中でも、一番多くの方が訴えるのは、発汗、ほてり、のぼせの症状です。気温に関係なく、身体がほてったり、のぼせたりします。
全身の症状ではなく、手足だけが暑く感じることも多いです。

また頬が真っ赤になるケースもあります。そのような症状には「瀉火補腎丸」がおすすめです。
顔や手や足のほてり、のぼせを改善する効能があり、体内の放熱を助けてくれます。

反対に更年期障害で手足が冷えてしまう症状もあります。
その場合には「八味地黄丸」がおすすめです。泌尿生殖器機能改善にも効果があります。
更年期障害の治療としてはホルモン補充療法が主流ですが、今でも不定愁訴の治療は漢方治療がもっとも得意としています。
ホルモン補充に抵抗がある方もいますし、さまざまな症状から飲み薬が多い方もいます。
そんな方によく利用されています。漢方薬は医薬品ですので、飲む時は必ず医師の処方を受けてからにして下さい。


ページトップに戻る