head_img_slim

男性の更年期について

更年期に訪れる更年期障害は、一般的には女性だけのものと言うイメージが先行しています。
しかし実は男性にも、これに該当する症状が出ることもあります。

女性の更年期に該当する閉経を挟んだ前後5年間、そこに該当する年齢に、男性の場合でもこの症状が出てくることがあります。
その原因は、男性ホルモンの分泌量の低下です。男性ホルモンのテストステロンは、体の健康に対しては勿論のこと、精神面にも大きな影響を持っています。
そのため男性の場合、更年期障害においては心身の活力、精力の低下、不眠や不安感などが出てくるほか、筋肉痛や心筋梗塞、脳梗塞発症のリスク上昇と言った症状が出てくるとされています。

このような更年期障害は、自律神経失調症の一部である場合もあります。
自律神経失調症は、文字通り、自律神経の働きが不調になることで引き起こされる症状です。
自律神経は、人間の意思が及ばない部分の働きを担っている神経です。
交感神経と副交感神経から成立していますが、そのどちらか片方でも不調になると自律神経失調症は引き起こされてしまいます。

その症状は実に多岐にわたり、肩こり、頭痛、関節の痛み、筋肉のこわばりと言った肉体的な症状もあれば、抑うつ状態やイライラ、不安感や悲壮感と言った精神的な症状もあります。
そしてこうした症状は更年期に出てくることも多い症状であるため、更年期障害は自律神経失調症の一部であることもあると言う具合です。

また自律神経の働きと男性ホルモンなどの性ホルモンの働きは、密接に関係しています。
そのためどちらかの状態が著しく不調に陥ると、もう片方もそれにつられるようにして状態を崩すと言うことも珍しくはありません。

更年期になると、どちらも状態が崩れやすくなるため両方の症状が引き起こされることもあります。

また若い人でも、過度なストレスや不規則な生活習慣などを原因としてホルモンバランスが崩れ、自律神経の乱れが引き起こされることもあります。
こうした人は、そうでない人と比較すると更年期障害が出やすい、強く表れやすい傾向にあるとも言われています。
更年期の不調が、性ホルモンの不調からくるものか、それとも自律神経の不調からくるものか、その判断は自分では難しいのが現状です。

また医師に相談したとしても、明確な診断が下されないこともあります。
ただ男性ホルモンのを補う治療をとることで、どちらが原因だとしても症状の改善が見られることが多いので、まずは早い段階で医師に相談するのが望ましいです。


ページトップに戻る