head_img_slim

何歳になると更年期障害になるのか

「更年期障害」という言葉は最近よく耳にするようになりました。

なんとなくは知っているものの、詳しい症状までは知らないという方が多いのではないでしょうか。

女性は年齢を重ねるにつれて、女性ホルモンのバランスに変化が生じます。

50歳前後になると卵巣機能が低下して、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の分泌が急激に低下します。

それに伴い様々な不定愁訴があらわれてくる場合があり、これを「更年期障害」と呼んでいるのです。

更年期は、早い女性だと40歳前半から卵巣の機能が低下し始めて症状が現れてきます。

エストロゲンが減りはじめると、ホルモンの分泌を司っている農の中の視床下部からもっとエストロゲンを分泌するように指令がだされます。

しかし、卵巣機能の低下により指令をだしてもエストロゲンが分泌されないために視床下部が混乱をおこしてしまうのです。
視床下部は自立神経のコントロールも行っているため、混乱することで身体に様々な不定愁訴があらわれてきてしまうのです。

更年期障害は、50歳前後の閉経する女性だけがなるわけではありません。

最近では、20代から30代の若い女性でも更年期に似たような症状が現れることがあります。

これは、更年期が早く訪れたことによっておこるわけではなく過度ストレスがかかったりダイエットなどによって自立神経が乱れることによっておこるものです。

これを「若年性更年期」と呼んでいます。

更年期が起こった訳ではないと症状を軽くみていると最終的に卵巣の機能低下を招くことにもなりかねませんので、ストレスが溜まらないような生活習慣や規則正しい食生活をこころがけるようにしましょう。
更年期障害は、加齢によるエストロゲンの急激な減少に身体がついていかないことにより起こるものです。

しかし、エストロゲンの減少に身体が慣れてくれば自然と心の状態も身体の状態も落ち着いてくるものです。

更年期障害になってしまったからと、焦ってしまうとそのストレスから更に症状が悪化してしまう可能性もあります。

更年期の症状があらわれるのは、歳を重ねたことによって身体が変化している時期なんだと考えるようにして適切な治療を受けるようにしましょう。

治療は、対処療法が基本になります。
不快な症状をなるべく抑えることで毎日の生活を送りやすくすることができます。
更年期の時期といわれている50歳を挟んだ前後10年間は、ゆったりとした気持ちで過ごすようにこころがけましょう。


ページトップに戻る