head_img_slim

体格や性格などの更年期への影響とは

女性は中高年くらいになるといろんな症状が体にあらわれると言われますが、そのような状態を更年期障害と呼んでいます。
普通は閉経前に起こるのですが、最近は40代前半で症状を訴える人が増えています。
更年期障害の主な症状として、イライラや落ち込み、倦怠感といったことが挙げられますが人によって度合いは様々です。
一般的に症状が強く出るのは、真面目で几帳面な性格の人が多いと言われす。

そのようなタイプの人は更年期の辛い症状を抱えても、いつもの調子で頑張ってしまいよけいに状態を悪化させることが多いです。
性格を変えるというのは難しいですが、自分なりのストレス解消法やリラックスできる環境づくりを行うと病状を和らげてくれます。

更年期障害は精神的なものが大きく関わっていくると言われることから、普段なんでもひとりでやろうとする人は更年期の時には他の人の力をかりて自分の仕事の負担を減らす工夫が必要です。
更年期に無理をしすぎるとますます良くない状況をつくり、精神的疲労からうつ病を併発する場合もあります。
更年期は気持ちの持ち方ひとつでよい方向へ変わってくるので、今は病気だからと理解して多少の手抜きをしてもかまわないのです。

更年期障害はとてもつらい状態ですので、早く解決できるように自身も取り組みを始めます。
精神的なケアと同時に、体質改善を図ることも大事であります。
普段から不規則な生活をしている人は、規則正しい生活を心がけ栄養のある食事を取り十分な睡眠を確保します。
日常生活の中では気分転換にスポーツや趣味に時間を費やし、余暇を有意義に過ごします。

更年期の問題はすぐに解決が難しいと言われるだけにありのままの自分をうけとめて、心が病んだ時には心理カウンセラーといった専門家に相談することもできます。
他にも解決方法として医療機関を受診するまたは、自身で漢方薬やサプリメントを使って体質改善を試みることが可能です。
医療の現場では主に婦人科において更年期障害の治療を行っており、ホルモン療法や気持ちをリラックスさせる精神安定剤などが処方されます。

薬を使うのに抵抗を感じるという人もいますが、今は病気を治すため必要だからと心得ることが大事です。
一方、市販で売られているサプリメントの中にも、更年期の不快な症状を緩和できるサプリがいろいろと売られていますので状態に合わせて選べます。
更年期は外側からと内側の両方で、ケアしていくことによって解決が早くなります。


ページトップに戻る