head_img_slim

更年期障害とはどんな症状なのか

更年期障害は、40代後半から50代の女性によく起こる自律神経失調症です。
では、なぜこの時期の女性に更年期障害が起こるのでしょうか。
それは、この年代の女性の体では、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が急激に減少するため、ホルモンバランスの失調が起こりやすいからです。

女性ホルモンは、思春期に分泌量が増えはじめ、20代~30代では最大の分泌量となり安定します。しかし、安定かつ最大だった女性ホルモンが、40歳を過ぎる頃から、閉経に向かい徐々に低下し始めます。
そのため、体が急激な変化についていけず、様々な自律神経の不調が現れるのです。更年期障害の症状は身体的なものから精神的なものまで、様々なものがあります。

まず身体的な訴えとして多いのは、ホットフラッシュと言われるほてりが有名です。しかし逆に、冷え性を起こしたり、多汗症になる人もいます。
また次に多いのは、頭痛、肩こり、めまい、疲れやすいなどの訴えです。
人によっては、頻脈や動悸、胸の痛みが現れることもあります。
吐き気や食欲不振などの消化器の不調も多くありますし、

また、最近注目されているものには、頻尿、尿漏れなどもあります。
更に抜け毛が多くなるという人もいます。また、更年期障害の症状には、精神的な不調があることもよく知られています。

更年期になると精神的にも不安定になる

なぜ更年期になると、精神的な不調が起こるのでしょうか。
それは、女性ホルモンは、脳内で神経伝達物質のセロトニンと似た働きをし、精神の安定に一役買っているからなのです。
ですから更年期になり、女性ホルモンの分泌が低下すると、身体症状ばかりでなく、様々な精神症状も現れてきます。精神症状で最も多いのは、イライラや不安、抑うつ感、やる気が起きないなどの訴えです。
また人によっては、不眠などの睡眠障害が現れることもありますし、物忘れが多くなるなどの記憶障害が現れることもあります。

またストレスが、更年期障害を増悪させると言われています。
この時期の女性は、子供の自立や親の介護など家族の問題をはじめ、仕事やその他の社会生活でも様々なストレスを抱えがちです。
このように女性は、身近な人間関係でストレスを抱えることが多く、それらのストレスから逃れるのは大変難しいことです。
ひどい不調で苦しい場合は、無理せずお医者さんに相談するのもよい方法です。

また、食生活を見直したり、趣味やおしゃれを楽しんだりなど、毎日の生活のちょっとした見直しや楽しみで笑顔をキープし、この時期を少しでも楽に楽しく過ごせたらいいですね。

更年期対策におすすめサイト(関連サイト)

photo iconまずはサプリメントで更年期対策を!
栄養バランスの乱れは更年期を悪化させてしまうと言われているため、クリニックなどに通うことに抵抗がある方はまずは更年期サプリメントなどで対策をすることをおすすめします。
更年期サプリマガジン~更年期症状におすすめランキング~

ページトップに戻る